【1998 4/4 プロ野球公式戦 】広島 vs 中日 2回戦

0404 広島vs中日 今日のヒーロー

こんばんは、かんと9です。  

プロ野球カードゲームによるプロ野球1998ペナントレースが開幕。  

今回は広島東洋カープと6位の中日ドラゴンズの第2回戦をお届けします。

広島が今季初勝利

沢崎が8回までを無失点に抑える好投で白星

開幕戦の嫌な流れを先発した沢崎が見事に払しょく。沢崎は店舗のよい投球で中日打線を翻弄。8回まで4安打無失点のナイスピッチング。初完封がかかった9回に四球とヒットで1点を失ったところで降板となったが、見事な投球で今季初登板を白星で飾った。

4番江藤が3本のタイムリー

4番の江藤が3本のタイムリーヒットで沢崎を援護。2塁打-3塁打-ヒットと出た第4打席はサイクルヒットの期待がかかったが、あえなく三振。しかし好投の沢崎を助ける援護射撃ができたとともに、広島の今季初勝利に大きく貢献した。

佐々岡が締めくくり、今季初セーブ

9回に失点をした沢崎に代わってマウンドに上がったのは抑えの佐々岡。今季初登板は1安打を許したものの、しっかりとセーブ機会を成功させ、チームを初勝利に導いた。

中日は9回に追い上げるも、初黒星

広島先発、沢崎の前に打線が沈黙

広島の先発沢崎の前にこの日は打線が沈黙。昨日猛打賞の山崎、李はともに1安打。打線全体でも7安打で、安打はすべて単打のみ。8回までは4安打に抑えられる内容で、攻撃のチャンスすら作れなかった。

新人の川上は5回3失点、まずまずの初登板をみせる

ドラフト1位で入団した川上がプロ初登板。江藤に2本のタイムリーを浴びるなど、5回で3点を取られたが、まずまずの内容だった。

9回に追い上げの2得点

9回に四球とヒットで作ったチャンスに4番山崎がタイムリーヒット。沢崎の完封を防ぐとともにマウンドから降板させた。代わった佐々岡からも6番益田がタイムリー。試合には負けたが、9回に価値ある粘りを見せた。

試合総括

先攻:中日ドラゴンズ

0404 中日ドラゴンズ・スタメンオーダー

1番ライト関川1安打でいいところなし
2番ファーストゴメス最終回に得点のきっかけとなる1安打
3番サード立浪9回に貴重な四球を選ぶ
4番レフト山崎9回にタイムリーヒットを放つ
5番ショート今日は1安打のみ
6番センター益田9回に2点目となるタイムリーを放つ
7番セカンド久慈ノーヒットでいいところなし
8番キャッチャー中村今日はノーヒット
9番ピッチャー川上プロ初登板は5回3失点

  昨日とは打って変わって今日は打線が沈黙。プロ初登板の川上を援護できず、8回まで0行進。なんとか最終回に2点を返すものの反撃もここまで。開幕連勝を狙ったが、今日は広島投手陣の前に活路が見いだせなかった。

後攻:広島東洋カープ

0404 広島東洋カープ・スタメンオーダー

1番ショート野村連日の長打(2塁打)を放つ
2番センター前田2度のチャンスメイクで2得点
3番レフト金本3回は先制点につながるヒットを放つ
4番サード江藤3安打すべてがタイムリーで3打点
5番ライト緒方ノーヒットでいいところなし
6番ファースト町田シーズン初安打を放つ
7番セカンド正田第1号をライトスタンドへ
8番キャッチャー瀬戸沢崎を勝利に導く好リード
9番ピッチャー沢崎8回まで無失点で、チームの勝利に貢献

  沢崎が好投で8回まで中日を0に抑えれば、打線は江藤の3本のタイムリーに正田の今シーズン第1号が飛び出し、効果的に追加点を挙げた。9回は佐々岡が締めて今季初セーブ。広島が開幕戦の雪辱を晴らし、初勝利を手にした。

試合経過

3回裏
江藤が先制のタイムリー
広島が先制
4回裏
広島が追加点
正田が第1号をライトスタンドへ運ぶ
5回裏
江藤に2本目のタイムリー
広島が点差を3点に広げる
7回裏
江藤が3本目のタイムリー
広島がさらにリードを広げる
9回表
沢崎が完封目前で降板
山崎のタイムリーで完封を逃すも、佐々岡が後続を断ち初勝利をもたらした

試合結果

  • スコア: 中日 2 - 4 広島
  • 対戦成績: 中日 1 - 1 広島
  • 勝ち:沢崎(広) 1勝0敗  負け:川上(中) 0勝1敗  S:佐々岡(広) 1s
  • 本塁打:正田(広) 1号
  • 球場: 広島市民球場