【1998 4/4 プロ野球公式戦 】横浜 vs 阪神 2回戦

0404 横浜vs阪神 今日のヒーロー

こんばんは、かんと9です。 

プロ野球カードゲームによるプロ野球1998ペナントレースが開幕。 

今回は横浜スタジアムから、横浜vs阪神の第2回戦をお届けします。

阪神が開幕連勝

八木が先制の第1号本塁打

試合の均衡を破ったのは2回、八木の一振り。鋭いスイングから放たれた打球は満員の阪神ファンが待つレフトスタンドへ。今季は慣れないショートでの先発起用が増え、守備に負担がある中で見事なバッティングを披露。この本塁打が決勝点になった。

藪が7回無失点、開幕白星

先発の藪は3番駒田、5番佐伯に各3安打を浴び、苦しいイニングを作りながら7回を無失点。再三のピンチにも6番進藤、7番谷繁をノーヒットに抑え、得点を許さなかった。降板後は安定したリリーフ陣の力を借り、今季初勝利を挙げた。

連日のリベラ-田村で完封リレー

開幕戦に続き、8回リベラ、9回田村の必勝リレーで阪神が連勝。少ない得点の中で、その点差を守り切る試合運びが出来ており、今日も内容のある勝ちゲームができた。今日のようなピッチングがさらに続けば、他球団にとっては脅威となるだろう。

横浜は痛い、本拠地連敗

6番進藤、7番谷繁がブレーキ

3番駒田に5番佐伯がそれぞれ猛打賞の活躍でチャンスメイク。得点圏に走者を進めるケースが再三、繰り返されたが、今日は6番進藤、7番谷繁が大ブレーキ。4回、6回、8回と3度、1,2塁の場面で2人に打席が回ってきたが、ランナーをホームに生還させることができなかった。

3番駒田が4安打、5番佐伯が3安打の活躍

3番駒田と5番佐伯が大当たりの活躍。2人のヒットで再三、1,2塁のチャンスを作った。今日の駒田は最終打席となる4打席目もヒットで出塁。開幕戦ノーヒットだったうっぷんを晴らし、打率は0.500までになった。

怪我から復帰の先発、斎藤が好投

昨シーズン、怪我で出場のなかった斎藤が初先発。八木に本塁打を浴びるも、7回を6安打1失点のナイスピッチング。球速も146kmを計測するなど、怪我の影響を感じさせない投球でファンの声援に応えていた。

試合総括

先攻:阪神タイガース

0404 阪神タイガース・スタメンオーダー

1番セカンド和田今シーズン初安打を記録
2番レフトウィルソン今日はいいところなし
3番サードハンセン8回に待望の追加点となる第1号
4番ライト平塚第2戦はノーヒット
5番センター新庄いいところなくノーヒット
6番ファースト大豊斎藤にタイミング合わず無安打
7番ショート八木先制(決勝点)となる本塁打を放つ
8番キャッチャー山田完封リレーを生む好リード
9番ピッチャー7回を無失点で開幕連勝に貢献

 阪神は2回に八木の第1号で先制。藪が7回を無失点で抑えると、打線は8回にハンセンの第1号で待望の追加点を加えた。8回からは継投策。昨日に続き、8回はリベラ、9回は田村が走者を出すものの、横浜打線を無失点に抑え、完封リレー。阪神が開幕連勝を飾った。

後攻:横浜ベイスターズ

0404 横浜ベイスターズ・スタメンオーダー

1番ショート石井琢ノーヒットも今季初盗塁を記録
2番ライト鈴木いいところなくノーヒット
3番ファースト駒田打棒爆発、4打数4安打の固め打ち
4番センター波留今季初ヒットも4番の仕事はできず
5番レフト佐伯3安打の猛打賞
6番サード進藤再三のチャンスに凡退、ノーヒット
7番キャッチャー谷繁再三のチャンスに1本出ず
8番セカンド川端初ヒットが2塁打、チャンスを演出
9番ピッチャー斎藤7回を1失点、試合を作った

 開幕戦で敗れた横浜はこの日も打線が低調。4回、6回、7回、8回とスコアリングポジションまでランナーを進めるものの、あと1本が出ず、得点を奪うことができなかった。先発斎藤は7回を1失点と好投。最終的に阪神をソロホームラン2本に抑える見事な内容だったが、打線が応えられず連敗スタートとなった。

試合経過

2回表
八木が先制の第1号を放つ
阪神が開幕戦に続けて、今日も先制
3回表
満塁のチャンスに新庄凡退
2死満塁も追加点が取れず
6回裏
再三のチャンスも残塁の山
あと1本が出ず、横浜は1点が遠い
8回表
ハンセンが貴重な第1号アーチ
待望の追加点を加える
9回裏
「勝利の方程式」田村が連日のセーブを記録
阪神が連勝で横浜をくだした

試合結果

  • スコア: 阪神 2 - 0 横浜
  • 対戦成績: 阪神 2 - 0 横浜
  • 勝ち:藪(阪) 1勝0敗  負け:斎藤(横) 0勝1敗  S:田村(阪) 2s
  • 本塁打:八木(阪) 1号  ハンセン(阪) 1号
  • 球場: 横浜スタジアム