【1998 4/4 プロ野球公式戦 】ヤクルト vs 巨人 2回戦

0404 ヤクルトvs巨人 今日のヒーロー

こんにちは、かんと9です。

いよいよプロ野球カードゲームによるプロ野球1998ペナントレースが開幕。

今回は神宮球場から「ヤクルト vs 巨人」の2回戦をお届けします。

ヤクルトが今季初勝利

4番古田がサヨナラ3ラン

この日のハイライトは9回2アウト1,2塁から4番の古田。岡島の投げたスライダーを見事、レフトスタンドへ。好投した伊藤智へ捧げ、チームを初勝利に導くサヨナラの3ランホームランを放ちました。

伊藤智が9回11奪三振の好投で完投勝利

今季から再び先発へ転向となった伊藤智が、初登板でナイスピッチング。4回に打たれた清原への本塁打以外は、ほぼ完璧なピッチングを披露。9回を4安打1四球11奪三振の内容でチームのサヨナラ勝ちにつなげました。

ホージーが1号、2号と2本塁打

昨年のホームランキングを取ったホージーが2本のアーチを放つ。今季第1号はライトスタンドへ。第2号はレフトスタンドへ各ソロアーチ。快音を響かせた。

巨人は継投が裏目に

代わった3投手がすべて失点で今季初黒星

6回まで1点をリード。昨日に続けて7回からは継投策に入ったが、今日はことごとく裏目に。7回は野村がホージーに今日2本目の本塁打を浴びて同点に。9回は8回からの買いまたぎとなった趙が2安打を浴び、その後に代わった岡島がサヨナラの3ランを被弾。昨日と一転して継投策が裏目に出た巨人は今季初黒星となった。

先発槙原は粘り強く6回を1失点

先発槙原は6回を投げて10安打を浴びるも、ホージーの本塁打以外は得点を許さず、1失点で降板。昨日好調だったリリーフ陣に後を託したが、今季初勝利はならなかった。

清原が4回に逆転となる今季第1号

4番清原が4回に伊藤智のストレートを巨人ファンの待つレフトスタンドへ逆転の2ランホームラン。完璧に抑え込まれていた巨人打線の中で、貴重な打撃を見せた。

試合総括

先攻:読売ジャイアンツ

0404 読売ジャイアンツ・スタメンオーダー

1番レフト清水2安打で伊藤智を苦しめた
2番センター松井本日は無安打
3番ライト広沢いいところなく3三振
4番ファースト清原4回に逆転となる今季第1号を放つ
5番ショート川相昨日4安打も今日はノーヒット
6番セカンド仁志第3打席に2塁打を放つ
7番サード元木いいところなく2三振
8番キャッチャー村田真今日も粘り強く槙原を好リード
9番ピッチャー槙原6回を1失点で試合を作る

先発伊藤智の前になかなかチャンスを作れない巨人だったが、4回に清原の2ランで試合を逆転する。7回からは昨日に続き継投に出たが、今日はこれが裏目に。登板する3投手が計4失点の内容で、連勝はならなかった。

後攻:ヤクルトスワローズ

0404 ヤクルトスワローズ・スタメンオーダー

1番センター飯田1安打もサヨナラのきっかけをつくる
2番レフトホージー第1号、第2号の複数本塁打
3番ファーストムートン連日の2安打で好調をキープ
4番キャッチャー古田9回にサヨナラの3ラン
5番サード池山今季初ヒットを放つ
6番セカンド土橋今季初ヒットを含む、今日はマルチ安打
7番ショート宮本今日は1安打
8番ライト真中第2戦は1安打
9番ピッチャー伊藤智9回を完投で今季初勝利

開幕戦を落としたヤクルトは第2戦に伊藤智をマウンドへ。期待に応え伊藤智は9回を11奪三振、2失点の好投。打線は6回まで好機をつくるも残塁の山で伊藤智を援護できなかったが、7回にホージーの同点アーチ、9回に古田のサヨナラアーチで試合を逆転。チームと伊藤智に今季初勝利をプレゼントした。

試合経過

2回裏
ホージーに第1号
ヤクルトが先制
4回表
清原が逆転の2ラン
巨人が試合をひっくり返す
6回裏
ヤクルト同点ならず
2死2,3塁のチャンスも飯田が凡退
7回裏
ホージーが同点の2号ソロ
試合がふりだしに戻る
9回裏
古田のひと振りで決着
岡島から古田がサヨナラの3ラン

試合結果

  • スコア: 巨人 2 - 5x ヤクルト  
  • 対戦成績: 巨人 1 - 1 ヤクルト
  • 勝ち:伊藤智(ヤ) 1勝0敗  負け:趙(巨) 0勝1敗  S:
  • 本塁打:清原(巨) 1号 ホージー(ヤ) 1号,2号 古田(ヤ) 1号
  • 球場: 神宮球場