【1998 4/5 プロ野球公式戦 】西武vs日本ハム 2回戦

0405 西武vs日本ハム 今日のヒーロー

こんばんは、かんと9です。 

プロ野球カードゲームによるプロ野球1998ペナントレースが開幕。 

今回は西武球場で行われた西武vs日本ハムの第2回戦をお届けします。

日本ハムが今季初勝利

下柳が力投、8回2失点で勝利投手

開幕戦のグロスに続き、この日先発の下柳も好投をみせる。4番マルティネスには3安打を浴びたものの、西武打線の核となる、1-3番の上位打線に対しては、12打数の1安打と徹底的に抑え込み、マルティネスの前に走者を出させなかった。この日の下柳は打たせて取る熟練のピッチング。西武打線に連打を許さなかった。

4番に座った落合が3安打、逆転タイムリー

開幕戦を8番で出場し、ノーヒットだった落合を4番に据える上田監督の奇策は見事に成功。落合は3回に一時逆転となるタイムリーを放つなど、5打数3安打、猛打賞の活躍。

落合のヒットに呼応するかのように打線もこの日はつながりを見せ、計14安打。

5得点中、4点がタイムリーヒットによる得点となるなど、打線が「線」として機能した。

井出が6回、8回に貴重なタイムリー

1番の井出が試合終盤に貴重な2打席連続タイムリーを放ち、チームの初白星に貢献。6回、8回ともに2死からのタイムリーヒットで西武へ流れを渡さない、価値ある2打点を記録した。

西武は守備の乱れもあり、今季初黒星

3回にエラーから2失点、逆転を許す

好調な立ち上がりをみせた新谷だったが、3回、金子に同点アーチを運ばれる。その後は2死まで順調にアウトを重ね、立ち直ったかにみえたがセカンド高木浩のエラーをきっかけに、その後四球を絡めて連続安打を浴び、逆転を許してしまう。リズムを乱した新谷は、6回にも4点目を失い、この回で降板。無念の今季初登板となった。

マルティネスが今季1号を含む猛打賞

4番のマルティネスが開幕戦からエンジン全開。昨日の3打数2安打に続き、この日は第1号を含む3安打の猛打賞。3塁打が出ればサイクルヒットの内容だった。「しっかりと開幕に合わせて調整ができた!」とマルティネス。今シーズンも彼の長打に期待だ。

1番松井が連日のノーヒット

1番松井が連日のノーヒット。松井の状態に連鎖するように、2番鈴木健、3番高木大も調子を落としており、昨日に続き1番から3番までの3人で放った安打はわずかに「1」。

4番マルティネスに当たりが出ているだけに、この現状は早く打開したいところ。次節のダイエー戦での奮起が待たれる。

試合総括

先攻:日本ハムファイターズ

0405 日本ハムファイターズ・スタメンオーダー

0405 日本ハムファイターズ・スタメンオーダー

1番センター井出6回、8回に貴重なタイムリー
2番指名打者ウィルソンこの日もヒットは1本のみ
3番サード片岡2安打を放ちチャンスメイク
4番ファースト落合猛打賞、3回は一時逆転のタイムリー
5番レフトブルックス2安打と復調の兆し
6番 ショート 田中幸 試合の決勝点となるタイムリーを放つ
7番 ライト 上田 初ヒットも、今日は目立たず
8番 セカンド 金子 3回に同点アーチ、2安打の活躍
9番キャッチャー田口下柳を好リード、打撃は連日ノーヒット

開幕戦8番だった落合を4番に据えるなど、打線を大幅に変えて臨んだ第2戦は、打撃陣が下柳を援護。3回に金子の同点アーチが出ると、ここからビッグバン打線が爆発。エラーに絡め、3回さらに2点を追加すると、6回、8回にもタイムリーヒットが出て小刻みに追加点。5点を奪い、先発下柳の好投に応えた。

最終回となる9回には今季クローザーとしてますますの期待がかかる島崎が登板し、初セーブをマーク。日本ハムが初勝利を飾った。

後攻:西武ライオンズ

0405 西武ライオンズ・スタメンオーダー

0405 西武ライオンズ・スタメンオーダー

1番ショート松井連日のノーヒットでブレーキ
2番サード鈴木第2戦はノーヒット
3番ファースト高木大初ヒットは出るも、調子はイマイチ
4番指名打者マルティネス猛打賞の活躍、4回には今季第1号を放つ
5番センター佐々木今日は1安打1盗塁
6番ライト大友今日も盗塁を決め、早くも3盗塁
7番キャッチャー伊東2回に先制となるタイムリーヒットを放つ
8番セカンド高木浩3回に逆転を許すきっかけとなるエラーを記録
9番レフト清水第2戦は3打数1安打

 開幕戦白星の流れに乗り、先発新谷は上々の立ち上がり。2回には伊東のタイムリーヒットで先制を許すが、3回に金子に同点アーチを浴び、その後、高木浩のエラーから2失点で逆転を許す。4回にマルティネスに今季初アーチが出て、1点を返すが、以降は打線がつながらず、5-2で敗戦。今季初黒星となった。

試合経過

2回裏
伊東が先制のタイムリーヒット
西武が開幕戦に続き、先制する
3回表
日本ハムが逆転
金子の同点ソロの後、2死から高木浩のエラーを絡めてヒットと四球でさらに2点を追加し、逆転に成功する
4回裏
西武が追い上げ
4番マルティネスに今シーズン第1号が出て、点差は1点に
8回表
日本ハムが5点目を取り、点差を3点に広げる
6回に続き、井出が2打席連続のタイムリー
9回裏
島崎が今季初セーブ、日本ハムが98年初勝利
島崎が無失点に抑え、日本ハムがシーズン初勝利を飾る

試合結果

  • スコア: 日本ハム 5 - 2 西武
  • 対戦成績: 日本ハム 1 - 1 西武
  • 勝ち:下柳(日) 1勝0敗  負け:新谷(西) 0勝1敗  S:島崎(日) 1S
  • 本塁打:金子(日) 1号 マルティネス(西) 1号
  • 球場: 西武球場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です