【プロ野球 試合速報】1998 4/7 オリックスvs近鉄 1回戦

0407 オリックスvs近鉄 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/7に行われたグリーンスタジアム神戸から「オリックスvs近鉄」の模様をお届けします。

開幕カード連勝スタートのオリックスは無傷の3連勝となるか。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
近鉄 0 0 0 0 0 2 4 0 0       6
オリックス 2 0 0 0 0 0 0 0 0       2

試合結果:近鉄 6-2 オリックス (対戦成績:オリックス0-1近鉄)

勝ち:高村(近)1勝0敗 負け:星野(オ)0勝1敗

本塁打:イチロー(オ)1号2ラン(1回) ローズ(近)1号2ラン(6回) 山本(近)1号ソロ(7回) 村上(近)1号3ラン(7回)

近鉄が6回、7回に打線爆発

3本の本塁打で6得点を奪う

オリックス星野の前に5回まで無得点だった近鉄は6回にローズが今シーズン第1号となる2ランホームランをライトスタンドへ放ち同点。続く7回には先頭の山本の第1号で勝ち越しに成功すると、連打で1,2塁のチャンスをつくり、代打村上がレフトへ第1号の3ラン。

3本の本塁打で、5回まで好投の星野から6点を奪った。

高村が完投で今季初勝利

先発高村は初回にイチローに本塁打を浴びるなど、立ち上がりは不安定な投球だったが、2回以降は要所を締めるピッチングでオリックスを無得点に抑える好投。4点のリードをもらい9回を完投で、今季初勝利を飾った。

「打線を信じて我慢して投げていればチャンスがあると思っていた。次の登板も頑張ります!」

オリックスは今季初黒星

イチローに第1号が出るも、勝利ならず

オリックスは初回にイチローに第1号が飛び出す展開で2点を先制。先発星野は5回まで近鉄打線を0に抑える好投をみせたが、6回、7回に計3本の本塁打を浴び、7回途中で6失点。マウンドを降りた。

打線は2回以降、近鉄先発の高村を打ち崩せず無得点。今季初黒星となった。

両チーム成績

先攻:近鉄バファローズ

0407 近鉄バファローズ・先発オーダー

0407 近鉄バファローズ・先発オーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 武藤 5 1 0 0 .467
2 クラーク 5 0 0 0 .286
3 ローズ 4 2 1 2 .308
4 中村 4 0 0 0 .154
5 鈴木 4 0 0 0 .000
6 山本 4 3 1 1 .417
7 水口 4 3 0 0 .385
8 大村 4 2 0 0 .556
9 的山 2 0 0 0 .000
  村上 1 1 1 3 .500

後攻:オリックスブルーウェーブ

0407 オリックスブルーウェーブ・先発オーダー

0407 オリックスブルーウェーブ・先発オーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 田口 4 1 0 0 .308
2 イチロー 4 3 1 2 .462
3 ドネルス 4 1 0 0 .308
4 藤井 4 0 0 0 .333
5 高橋 4 1 0 0 .091
6 小川 4 1 0 0 .182
7 4 1 0 0 .273
8 大島 3 1 0 0 .300
9 高田 2 0 0 0 .125