【プロ野球 試合速報】1998 4/7 中日vs阪神 1回戦

0407 中日vs阪神 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/7に行われたナゴヤドームでの今季開幕戦、「中日vs阪神」の模様をお届けします。

両チーム、2勝1敗で開幕カードをともに勝ち越したチーム同士の対戦です。ご覧ください。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0       1
中日 0 0 0 2 0 1 0 1 X       4

試合結果:阪神 1-4 中日 (対戦成績:中日1-0阪神)

勝ち:前田(中)1勝0敗 負け:中込(阪)0勝1敗 S:宣(中)1S

中日が本拠地開幕戦を快勝

前田が8回1失点の力投で今季初勝利

中日先発の前田は初回、新庄にタイムリーヒットを浴びて先制を許す立ち上がりだったが、2回以降は要所を締めるピッチングで阪神打線を0に抑える好投。

8回を投げて9安打を浴びたものの、許した失点は1回の1点のみ。8回を1失点の内容で今季初勝利を挙げた。

中村が3安打3打点の活躍、前田の力投に応える

この日の打の主役は8番のキャッチャー中村。4打数3安打の固め打ちで、4回には逆転打、6回には点差を「2」に広げる貴重なタイムリーを放つ大活躍。

粘り強く投げていた先発前田の投球に応えるバッティングで、勝利に貢献した。

阪神は初回の流れを活かせず連敗

初回に先制点を奪うも、この1点のみ

阪神は初回に中日先発の前田を攻め、新庄のタイムリーで1点を先制する。しかし2回以降は前田の前にあと1本が出ず、2回以降は無得点。最終回にも宣から1死1,2塁のチャンスをつくったが、後続が凡退しゲームセット。

先日の横浜戦に続く黒星で、今季初の連敗となった。

両チーム成績

先攻:阪神タイガース

0407 阪神タイガース・先発オーダー

0407 阪神タイガース・先発オーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 和田 5 3 0 0 .278
2 ウィルソン 5 1 0 0 .222
3 ハンセン 5 3 0 0 .444
4 平塚 4 0 0 0 .133
5 新庄 4 1 0 1 .176
6 大豊 4 0 0 0 .176
7 八木 4 2 0 0 .235
8 山田 2 0 0 0 .231

後攻:中日ドラゴンズ

0407 中日ドラゴンズ・先発オーダー

0407 中日ドラゴンズ・先発オーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 関川 5 1 0 0 .263
2 ゴメス 4 1 0 0 .333
3 立浪 4 0 0 0 .176
4 山崎 4 3 0 0 .529
5 4 2 0 0 .412
6 益田 4 1 0 0 .375
7 久慈 4 1 0 0 .176
8 中村 4 3 0 3 .438