【プロ野球 試合速報 】1998 4/7 巨人vs広島 1回戦

0407 巨人vs広島 今日のヒーロー

【対戦別保存】巨人vs広島こんばんは、かんと9です。 

プロ野球カードゲームによるプロ野球1998ペナントレースが開幕。 

今回は東京ドームから、巨人vs広島の第1回戦をお届けします。

巨人が投手戦を勝利

先発斎藤が8回を1失点に抑える好投で1勝目

東京ドーム開幕戦の先発マウンドにあがったのは斎藤。斎藤は5回に町田に本塁打を許すも、与えた失点はこの1点だけ。8回を4安打1失点に抑える好投で今季初勝利。本拠地での開幕戦を見事勝利で飾った。

初回に清水、松井に2者連続弾

広島先発の長谷川の立ち上がりを攻め、巨人は初回に清水、松井が2者連続アーチ。わずか数球で2点を奪った。清水は打率.500をキープし絶好調。松井も今シーズン第4戦で、ついき今季1号が飛び出した。

巨人清水「東京ドームでの開幕戦を勝利できてうれしい。自分もこの状態を維持していきたい。」

野村が今季初セーブも、今日も不安定なピッチング。

9回裏のマウンドに上がったのは野村。ヤクルトとの開幕カードで調子が出ず、今日出れば4連投という状況の中、長嶋監督はクローザーに期待する野村をマウンドへ。

野村は1安打・1四球で1,2塁のピンチを招いたが、なんとか3アウトを奪い今季初セーブを記録。継投策で3戦ぶりの勝利に貢献した。

広島は今日も打線が不調で、今季3敗目

得点は町田の本塁打による1点のみ。今日も打線がつながらず連敗

広島打線は巨人先発斎藤を打ち崩せず、奪った得点は町田の本塁打による1点のみ。9回代わった野村を攻め立て、一打同点のチャンスをつくったが、4番江藤、5番緒方が凡退でゲームセット。

2失点と好投した投手陣に応えることが今日もできなかった。

先発長谷川は初回の連続被弾以降は、7回まで無失点の好投

広島先発の長谷川は立ち上がりに連続アーチで2点を奪られたものの、それ以降は7回を4安打で無失点に抑える好投。開幕ローテ入りをかけた先発マウンドで内容のある投球をみせた。

広島三村監督「長谷川はナイスピッチング。打線が助けてあげないとね。9回にもう1本が出ていればね…また明日。」

試合結果

試合結果

  • スコア: 広島 1 - 2 巨人
  • 対戦成績: 広島 0 - 1 巨人
  • 勝ち:斎藤(巨) 1勝0敗  負け:長谷川(広) 0勝1敗  S:野村(巨) 1s
  • 本塁打:町田(広) 1号  清水(巨) 1号 松井(巨) 1号
  • 球場: 東京ドーム

先攻:広島東洋カープ

0407 広島東洋カープ・スタメンオーダー

0407 広島東洋カープ・スタメンオーダー

打撃成績

名前打数安打打点三振打率
1野村30001.267
2前田41002.313
3金本41000.313
4江藤40002.313
5緒方41001.250
6町田31111.214
7正田31000.273
8西山20000.000

浅井10000.333

瀬戸




.000
9長谷川20001.000

木村拓10000.000

遠藤





投手成績

名前回数被安被本被四奪三失点自責防御率
長谷川76215222.57
遠藤11001000.00

広島は初回に清水、松井に2者連続の本塁打を打たれ、2失点。打線は5回に町田の第1号で1点を返すが、反撃もここまで。長谷川は初回以降立ち直り、7回を6安打、失点は初回の2点で抑えるも、この2点が痛かった。

後攻:読売ジャイアンツ

0407 読売ジャイアンツ・スタメンオーダー

0407 読売ジャイアンツ・スタメンオーダー

打撃成績

名前打数安打打点三振打率
1清水41110.500
2松井41110.222
3広沢42000.278
4清原40002.222
5川相40001.313
6仁志42000.313
7元木31000.214
8村田30002.071
9斎藤30001.000

野村





投手成績

名前回数被安被本被四奪三失点自責防御率
斎藤84106111.13
野村11012003.00

巨人は初回に先頭の清水から2者連続本塁打で2点を先制。この2点を先発斎藤が守り抜き、8回を町田の本本塁打による1点のみに抑え、初登板で初勝利。9回は2試合不安定な内容だった野村をマウンドへ。野村は1安打に1四球で今日も苦しいピッチングだったが、なんとか守り抜きチームを2勝目に導くとともに、今シーズンの自身初セーブをマークした。