【プロ野球 試合速報】1998 4/7 ロッテvs日本ハム 1回戦

0407 ロッテvs日本ハム 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/7に千葉マリンシタジアムで行われた「ロッテvs日本ハム」の模様をお届けします。

両チーム、開幕カードを1勝1敗で終えたチーム同士の対戦です。ご覧ください。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
日本ハム 0 0 0 0 1 0 3 0 1       5
ロッテ 0 1 0 0 4 0 1 0 X       6

試合結果:日本ハム 5-6 ロッテ (対戦成績:ロッテ1-0日本ハム)

勝ち:小宮山(ロ)1勝0敗 負け:岩本(日)0勝1敗 S:河本(ロ)2S

本塁打:日本ハム ウィルソン1号ソロ(7回表) 片岡1号ソロ(9回表) 

本塁打:ロッテ 立川1号ソロ(2回裏) 平井2号3ラン(5回裏)

ロッテが本拠地開幕戦を勝利

打線が5回に爆発で一挙4得点

ロッテ打線が5回に爆発。先頭の小坂から5連続安打で一挙4得点の猛攻。日本ハム先発の岩本をマウンドから降ろした。

1点差に詰め寄られた7回には、諸積が2点差に広げるタイムリーヒットで追加点。ロッテが16安打と打線が爆発。6得点を奪い見事本拠地開幕を制した。

小宮山が粘りの投球で今季初勝利

先発小宮山は7回を投げて10安打と苦しい投球。守備のミスがきっかけで4失点も自責点は1の内容。勝利につなげるピッチングをみせた。

守備では5回に平井、立川がそれぞれ捕殺を記録。日本ハムに逆転を許さず、その裏の回には、2人で4打点の活躍。攻守でチームを支えた。

日本ハムはあと1点が奪えず敗戦

悔まれる5回の2本塁死

日本ハムは5回に2度の本塁死で逆転をすることができなかった。結果的にはその直後に、ロッテに4点を奪われ、この点差が響き敗戦。どちらかのケースで得点できていれば、流れが変わっていただけに、悔やまれる攻撃となった。

開幕カード低調だった打線はこの日は13安打と爆発。9回には1点差まで詰め寄るなど攻撃には粘りが出てき始め、この日の打点はウィルソン、片岡、落合の3人が挙げたもの。攻撃のかたちが整ってきた。

両チーム成績

先攻:日本ハムファイターズ

0407 日本ハムファイターズ・スタメンオーダー

0407 日本ハムファイターズ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 井出 4 0 0 0 .231
2 ウィルソン 5 2 1 1 .286
3 片岡 5 4 1 2 .500
4 落合 5 3 0 1 .462
5 田中 5 1 0 0 .154
6 ブルックス 4 0 0 0 .182
7 上田 4 2 0 0 .273
8 金子 4 0 0 0 .182
9 田口 2 1 0 0 .125

後攻:千葉ロッテマリーンズ

0407 千葉ロッテマリーンズ・スタメンオーダー

0407 千葉ロッテマリーンズ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 小坂 5 3 0 0 .333
2 フランコ 5 1 0 0 .267
3 5 2 0 0 .267
4 立川 4 3 1 2 .462
5 平井 4 1 1 3 .455
6 初芝 4 2 0 0 .417
7 福浦 4 2 0 0 .333
8 諸積 4 2 0 1 .500
9 清水 3 0 0 0 .200