【プロ野球 試合速報 】1998 4/8 オリックスvs近鉄 2回戦

0408 オリックスvs近鉄 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/8に行われたグリーンスタジアム神戸から「オリックスvs近鉄」の模様をお届けします。

オリックスが昨日の雪辱なるか。注目の第2戦です。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
近鉄 0 0 0 0 0 5 0 0 0       5
オリックス 0 0 0 0 0 0 3 1 0       4

試合結果:近鉄 5-4 オリックス (対戦成績:オリックス 0-2 近鉄)

勝ち:マットソン(近)1勝0敗 負け:フレーザー(オ)0勝1敗

本塁打:オリックス ドネルス1号ソロ(8回)

近鉄が6回に打線爆発!

4本の長打を放ち5点を奪う

オリックス先発フレーザーの前に無得点だった近鉄は6回に中村にタイムリー3ベースが出て2点を先制すると打線が爆発。続く鈴木がタイムリー2ベースを放てば、8番大村、9番的山にも連続タイムリー2ベースが出て、この回一挙5得点の猛攻を見せた。

この日の勝利打点となる5点目のタイムリーを放った的山「打ったのは変化球。勢いに乗せてもらって打ちました。」

マットソンが来日初勝利

先発マットソンは6回までオリックス打線を無得点に抑えるナイスピッチング。7回に3点を奪われ、7回で降板となるが、8回-9回を柴田-大塚が抑えて、みごと来日初勝利。近鉄の連勝に貢献した。

来日初勝利のマットソン「5点の援護はとても有難かった。7回は3失点してしまったけれど、今日は自分の投球ができた。次も頑張るよ!」

オリックスは今季初の連敗

1点差まで詰め寄るも敗戦

オリックスは序盤に近鉄マットソンを攻め、何度か得点圏まで走者を進めるも1点が取れず嫌なムード。6回に5点を奪われる苦しい展開になると、疲れを見せはじめたマットソンを攻め、7回に3点を返し2点差。

8回には柴田からドネルスが今季第1号を放ち、1点差にまで詰め寄ったが反撃もここまで。9回の近鉄は大塚がマウンドに。2死2塁を攻め立てたが、1番田口が凡退でゲームセット。

オリックスは終盤に反撃を見せるも、本拠地で。

両チーム成績

先攻:近鉄バファローズ

0408 近鉄バファローズ・スタメンオーダー

0408 近鉄バファローズ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 武藤 5 2 0 0 .450
2 クラーク 3 1 0 0 .294
3 ローズ 5 0 0 0 .222
4 中村 4 2 0 2 .235
5 鈴木 4 1 0 1 .067
6 山本 4 0 0 0 .313
7 水口 4 0 0 0 .294
8 大村 4 2 0 1 .538
9 的山 4 2 0 1 .222

後攻:オリックスブルーウェーブ

0408 オリックスブルーウェーブ・スタメンオーダー

0408 オリックスブルーウェーブ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 田口 4 2 0 2 .353
2 イチロー 4 0 0 0 .353
3 ドネルス 4 2 1 1 .353
4 藤井 4 1 0 0 .313
5 高橋 4 1 0 0 .133
6 4 0 0 0 .200
7 小川 4 2 0 0 .267
8 高田 3 1 0 0 .182
9 大島 2 0 0 1 .250