【プロ野球 試合速報 】1998 4/8 巨人vs広島 2回戦

0408 巨人vs広島 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/8に東京ドームで行われた「巨人vs広島」の模様をお届けします。

勝敗を5分に戻した巨人が本拠地開幕の勝ち越しを決めるか。ご覧ください。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
広島 1 0 0 0 3 0 0 0 0       4
巨人 1 1 1 0 0 0 0 0 0       3

試合結果:広島 4-3 巨人 (対戦成績:巨人 1-1 広島)

勝ち:大野(広)1勝0敗 負け:ガルベス(巨)0勝1敗 S:佐々岡(広)2S

本塁打:広島 前田1号ソロ(1回表) 緒方1号ソロ(5回表) 正田2号ソロ(5回表) 西山1号ソロ(5回表) 

本塁打:巨人 松井2号ソロ(1回裏) 清原2号ソロ(3回裏)

広島が1点を守り切り勝利

打線が5回に3者連続弾で逆転!

広島打線が5回に緒方、正田、西山の3者連続アーチで巨人を逆転に成功。巨人先発のガルベスをKOした。

1回には前田に今シーズン第1号も飛び出し、この日だけで計4本塁打。両チームで計6本の本塁打が飛び交った空中戦をみごと制した。

大野-紀藤-佐々岡の継投で粘り勝ち

広島先発の大野は3回まで毎回失点を重ねる苦しいピッチングだったが、4回以降は徐々に立て直し、5回、6回は連続で3者凡退の好投。8回1死で広沢にヒットを浴びたところで降板となったが、みごとなQSをマーク。その後は紀藤-佐々岡とつないで勝利。

1点差のゲームをみごと、ものにした。

巨人はガルベスがまさかの4被弾

あっという間だった5回の逆転シーン

巨人先発のガルベスは4回を前田の本塁打による1失点に抑えるナイスピッチング。広島打線を抑えていたが、5回に突然の乱調で3被弾、逆転を許した。

ガルベス「今日はノーコメント。次の登板を見ていてくれ。」

松井、清原が今季初のアベックアーチ

2番松井が初回に2号ソロ、4番清原が3回に2号ソロを放ち、今季初のアベックアーチを記録。勝ちに結びつかなかっただけに喜びのコメントはなし。

松井「打ったのはストレート。3回まではいいかたちで攻撃できていたけどね。投手陣がしっかりゲームを作ってくれているので、明日はもっと援護できるよう頑張ります。」

両チーム成績

先攻:広島東洋カープ

0408 広島東洋カープ・スタメンオーダー

0408 広島東洋カープ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 野村 5 1 0 0 .250
2 前田 4 1 1 1 .300
3 金本 4 0 0 0 .250
4 江藤 4 0 0 0 .250
5 町田 4 0 0 0 .167
6 緒方 4 2 1 1 .300
7 正田 4 2 1 1 .333
8 西山 4 1 1 1 .125
9 大野 3 1 0 0 .333

後攻:読売ジャイアンツ

0408 読売ジャイアンツ・スタメンオーダー

0408 読売ジャイアンツ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 清水 4 0 0 0 .400
2 松井 4 1 1 1 .227
3 広沢 4 2 0 0 .318
4 清原 4 1 1 1 .227
5 川相 4 1 0 0 .300
6 仁志 4 2 0 0 .350
7 元木 4 2 0 1 .278
8 村田真 2 1 0 0 .125
9 ガルベス 1 0 0 0 .000