【プロ野球 試合速報 】1998 4/8 ダイエーvs西武 2回戦

0408 ダイエーvs西武 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/8に行われた福岡ドームでの今季開幕戦、「ダイエーvs西武」の模様をお届けします。

開幕から連敗の続くダイエーが今季初勝利なるか。ご覧ください。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
西武 0 0 1 0 0 0 0 2 1       4
ダイエー 3 0 4 0 0 0 1 0 X       8

試合結果:西武 4-8 ダイエー (対戦成績:ダイエー 1-1 西武)

勝ち:吉武(ダ)1勝0敗 負け:ブロス(西)0勝1敗

本塁打:西武 松井1号(9回)

本塁打:ダイエー ロペス1号(1回) 小久保2号(1回) ロペス2号(3回) 

ダイエーが8得点で今季初勝利

ロペスが2打席連発の4打点!

ダイエーの重量打線が初回からブロスを捉える。初回先頭の秋山がヒットの後、ロペスが先制1号2ランを放つと、小久保にも2号が飛び出し3点を先制。

3回には秋山が出塁後、ロペスに2打席連発となる2号2ランが飛び出し5-0。その後4番吉永が今季初ヒットとなるタイムリーを放てば、6番に入った今季初出場の大道にもタイムリーが出て2点を追加。3回までに大量7点をリードし、先発吉武を援護した。

7回には浜名にもタイムリーが出て、3試合合計3得点だった打線が、この日は14安打で計8得点を奪った。

吉武が今季初勝利

ダイエー先発の吉武は毎回ランナーを背負う苦しい投球。7回までに10安打を浴びたが、なんとか3回の1失点に抑える内容で今シーズン初勝利を飾った。

西武は15安打を放つも敗戦

安打数ではダイエーを上回るも、あと1本が出ず

西武はダイエー吉武に対して再三ランナーを出すものの、あと1本が出ず敗戦。相手打線の14安打を上回る15本のヒットを放つも残塁の山を重ねた。

先発のブロスはロペス、小久保に被弾を浴びるなどして7失点で降板。今季初登板は苦いピッチングになった。

西武東尾監督「どこかでもう少し点が取れていたらね。先発のブロスはロペスの2本目が痛かったな。2回はいいリズムで抑えたのに。」

両チーム成績

先攻:西武ライオンズ

0408 西武ライオンズ・スタメンオーダー

0408 西武ライオンズ・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 松井 5 3 1 1 .278
2 鈴木 5 2 0 1 .235
3 高木大 5 3 0 0 .222
4 マルティネス 5 2 0 0 .471
5 佐々木 5 1 0 0 .294
6 大友 5 0 0 0 .353
7 高木浩 3 2 0 1 .333
8 伊東 4 1 0 1 .429
9 清水 4 1 0 0 .231

後攻:福岡ダイエーホークス

0408 福岡ダイエーホークス・スタメンオーダー

0408 福岡ダイエーホークス・スタメンオーダー

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 秋山 5 2 0 0 .250
2 ロペス 5 3 2 4 .375
3 小久保 4 3 1 1 .267
4 吉永 4 1 0 1 .077
5 城島 4 0 0 0 .143
6 大道 4 2 0 1 .500
7 浜名 3 1 0 1 .167
8 村松 4 1 0 0 .154
9 湯上谷 3 0 0 0 .250