【プロ野球 試合速報 】1998 4/9 ヤクルトvs横浜 3回戦

0409 ヤクルトvs横浜 今日のヒーロー

こんにちは、「かんと9スポーツ」野球担当のかんと9です。

今回は4/9に神宮球場で行われた「ヤクルトvs横浜」の模様をお届けします。

ヤクルトが前日に続き勝利を飾るのか。ご覧ください。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
横浜 0 0 1 0 0 0 0 0 3       4
ヤクルト 0 0 1 0 1 0 0 1 0       3

試合結果:横浜 4-3 ヤクルト (対戦成績:ヤクルト 1-2 横浜)

勝ち:島田(横)1勝0敗 負け:石井一(ヤ)0勝2敗 S:佐々木(横)1S 

本塁打:横浜 石井琢2号ソロ(3回表)

横浜が9回大逆転!

進藤が逆転のタイムリー2ベース

8回までヤクルト先発石井一の前に残塁の山をつくってきた横浜はついに9回、石井一を捉え、4番駒田がタイムリーヒットで1点を返し1点差に。続く佐伯にもヒットが出て1,2塁とチャンスを広げると、ヤクルトはピッチャーを高津にスイッチ。

横浜は6番川端が犠打を決め、1死2,3塁とランナーを進塁させたところで、バッターは7番進藤。進藤は高津のストレートを見事右中間へ運び、前進守備の稲葉の頭を超える逆転のタイムリー2ベースヒット!

横浜が9回に見事な逆転劇を見せ、このカードの勝ち越しを決めた。

またこの試合も横浜は17安打の猛攻を見せ、鈴木、駒田、進藤が猛打賞の活躍。連日の打線爆発でマシンガン打線がいよいよ乗ってきた!

9回裏は佐伯の好返球でゲームセット!

横浜は大魔神の佐々木が今季初登板。1死からピッチャーゴロに打ち取った飯田を自らのエラーで出塁させると、飯田がすかさず2盗に成功し、1死2塁のピンチ。続きホージーは打ち取ったものの、3番ムートンのあたりはレフト前へ。

ヤクルト同点かと思われたが、レフトの佐伯がノーバウンドの好返球を谷繁へ。2塁から本塁を狙った飯田を本塁でタッチアウトにし、ゲームセット。佐伯の「捕殺」で横浜が今季初のカード勝ち越しを決めた。

ヤクルトは9回に高津で逆転を許す

9回に高津投入も2点を守れず逆転負け

ヤクルトは先発石井一がマシンガン打線にヒットは打たれるものの要所を締め、8回を1失点。味方の小刻みな援護もあり2点のリードで9回のマウンドに上がったが、先頭の鈴木に2塁打を許すと、続く駒田にタイムリーを与え1点差に。さらに次打者佐伯にも連打を浴びたところで降板。

ヤクルトは抑えの高津をマウンドに送る継投をみせたが、これも実らず進藤に逆転打を許し、痛い敗戦。

カード負け越しとともに、今シーズンの通算成績も3勝3敗と貯金がなくなった。

両チーム成績

先攻:横浜ベイスターズ

0409 横浜・スタメン

0409 横浜・スタメン

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 石井琢 5 2 1 1 .357
2 波留 5 2 0 0 .214
3 鈴木 5 4 0 0 .407
4 駒田 5 3 0 1 .370
5 佐伯 5 1 0 0 .308
6 川端 4 1 0 0 .286
7 進藤 5 3 0 2 .250
8 谷繁 5 1 0 0 .167

後攻:ヤクルトスワローズ

0409 ヤクルト・スタメン

0409 ヤクルト・スタメン

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 飯田 5 3 0 0 .280
2 ホージー 5 3 0 2 .333
3 ムートン 4 1 0 0 .333
4 古田 4 1 0 0 .320
5 稲葉 4 0 0 0 .250
6 池山 4 0 0 0 .136
7 宮本 4 3 0 1 .273
8 4 1 0 0 .250