【プロ野球 試合速報 】1998 4/10 近鉄vsダイエー 1回戦

大阪ドーム 近鉄 vs ダイエー 1回戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
ダイエー 0 0 0 3 4 3 0 0 0       10
近鉄 2 1 2 0 0 0 0 0 2       7

試合結果:ダイエー 10-7 近鉄 (対戦成績:近鉄 0-1 ダイエー)

勝ち:山崎(ダ)1勝0敗 負け:小池(近)0勝1敗 

本塁打:ダイエー 小久保5号3ラン(5回)

本塁打:近鉄 ローズ2号ソロ(3回)

ダイエーが5点差を逆転勝ち

4-6回で10得点を奪う猛攻をみせ逆転!

3回をパーフェクトに抑えられていたダイエー打線が4回から爆発。4番吉永のタイムリーを足掛かりに城島にもタイムリーが飛び出し、この回3点。
5回にも吉永、大道の連続タイムリーで同点とすると、6番城島が逆転の2点タイムリーで7-5とし、勝ち越しに成功すると、6回には現在のホームランキング小久保に第5号の3ランが飛び出し、さらに3点を追加。
4-6回の3イニングで計10点を奪う猛攻を見せた。

絶不調だった吉永、城島が猛打賞、計6打点

ここまでの5試合でともに絶不調だった4番吉永 .056(18打数-1安打)、6番城島 .167(18打数-3安打)の2人がともに3安打猛打賞の固め打ちで、各3打点の大活躍。
間に入った5番大道と、この日は3人で計15打数8安打7打点の活躍。畳みかけるように3人が連続で安打を放ち、中盤の逆転劇を演出した。

近鉄はまさかの逆転負け

3回までに5点もリードも守り切れず

先発小池は3イニングを9人で打ち取るパーフェクトスタートを切るが、4回から突如乱れ大量失点。5回を9被安打、7失点の内容で逆転を許しマウンドを降りた。
直後の6回には2番手の石毛が小久保に3ランを浴びるなど3点を失い、計10失点。序盤に挙げた5点の援護を守り切れず、圧勝ムードから一転、痛い逆転負けを喫した。

両チーム成績

先攻:福岡ダイエーホークス

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 秋山 4 2 0 0 360
2 ロペス 5 3 0 0 .423
3 小久保 5 1 1 3 333
4 吉永 5 3 0 3 .174
5 大道 5 2 0 1 .357
6 城島 5 3 0 3 .261
7 井口 5 0 0 0 .400
8 浜名 4 0 0 0 .150
9 村松 4 0 0 0 .190

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
工藤 3 8 1 2 5 5 7.17
〇 山崎 5 2 0 2 0 0 0.00
岡本克 1 3 0 2 2 2 18.00

後攻:近鉄バファローズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 武藤 4 1 0 1 .393
2 クラーク 5 1 0 0 .269
3 ローズ 4 2 1 1 .240
4 中村 5 1 0 1 .200
5 鈴木 5 3 0 3 .174
6 山本 4 1 0 0 .261
7 水口 4 2 0 0 .292
8 大村 4 2 0 1 .450
9 的山 3 0 0 0 .133

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
● 小池 5 9 0 2 7 7 5.79
石毛 3 5 1 0 3 3 9.00
赤堀 1 0 0 0 0 0 28.13

ダイジェスト動画はこちら