【プロ野球 試合速報 】1998 4/10 ロッテvs西武 1回戦

千葉マリンスタジアム ロッテ vs 西武 1回戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
西武 1 0 0 0 0 0 0 0 0       1
ロッテ 1 0 0 0 0 1 0 0 0       2

試合結果:西武 1-2 ロッテ (対戦成績:ロッテ 1-0 西武)

勝ち:黒木(ロ)2勝0敗 負け:西口(西)1勝1敗 

本塁打:なし 

日本ハムが連続完封勝ち

黒木が2戦連続完投で開幕から2連勝!

ロッテ先発黒木が西口との投げ合いを制して開幕から2戦連続完投で、2連勝を飾った。

先発黒木「初回いきなりの3連打で気合が入った。立川さんのプレー(捕殺)は本当に感謝です。相手先発が西口さんだったので、同点に置いてもらい絶対に先に点はやらないつもりでいきました。」

立川が決勝打と初回に貴重な捕殺をマーク

4番立川が攻守に活躍。打っては6回に決勝打となるタイムリーヒット、守備では初回に犠牲フライからの追加点を狙った3塁走者の高木大を本塁で捕殺。
攻守にわたり、2-1での勝利に大きく貢献した。

ロッテ立川「(6回)打ったのは変化球。タイミングよくバットが出てくれた。初回の捕殺はたまたまです。いいコンディションで開幕から臨めているので、この調子を維持したいです。」

西武は3連敗で最下位転落

先発西口が8回2失点も黒星

西武は先発西口の好投も活かせず敗戦。4/8のダイエー戦からこの日の敗戦で連敗は「3」になり、単独の最下位に転落した。

先発西口「(味方が点を取ってくれた直後の失点に)初回の入りがダメですね。(8回2失点の内容に)数字だけを見れば悪くはありませんが、チームが勝たなければエースの責任は果せませんので。次がんばります。」

両チーム成績

先攻:西武ライオンズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 松井 4 2 0 0 .308
2 高木大 4 1 0 0 .240
3 鈴木 4 1 0 1 .280
4 マルティネス 3 0 0 0 .333
5 佐々木 3 0 0 0 .208
6 大友 3 1 0 0 .375
7 伊東 3 0 0 0 .350
8 高木浩 3 1 0 0 .278
9 清水 3 0 0 0 .167

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
● 西口 8 9 0 4 2 2 1.06

後攻:千葉ロッテマリーンズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 小坂 4 1 0 0 .296
2 フランコ 4 0 0 0 .259
3 4 3 0 1 .296
4 立川 4 2 0 1 .320
5 平井 4 1 0 0 .318
6 初芝 3 0 0 0 .227
7 福浦 3 1 0 0 .318
8 諸積 3 1 0 0 .409
9 清水 3 0 0 0 .133

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
〇 黒木  9 6 0 3 1 1 1.50

ダイジェスト動画はこちら