【プロ野球 試合速報 】1998 4/11 中日vsヤクルト 2回戦

ナゴヤドーム 中日 vs ヤクルト 2回戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 1 0 0       2
中日 0 0 0 1 0 0 0 0 0       1

試合結果:ヤクルト 2-1 中日 (対戦成績:中日 0-2 ヤクルト)

勝ち:岡林(ヤ)1勝0敗 負け:門倉(中)1勝1敗 S:高津(ヤ)2S 

本塁打:ヤクルト ホージー3号ソロ(4回) ムートン1号ソロ(7回) 

ヤクルトが連勝

岡林が8回1失点の好投で今季初勝利!

ヤクルト先発の岡林は7回を1失点に抑えるみごとなピッチングを披露し、7回で降板。8回は野中、9回は高津がパーフェクトリリーフをみせヤクルトが勝利。
岡林は2試合目の登板で嬉しい今季初勝利を挙げた。

ムートンが来日1号の決勝本塁打!

1対1で迎えた同点の7回にヤクルト3番のムートンが来日初本塁打をレフトスタンドへ。
2対1と勝ち越すと、この本塁打であげた1点を投手陣が守り切りヤクルトは昨日に続き中日に連勝。ムートンの来日初本塁打が貴重な決勝点となった。

チームはこの勝利で8試合を終え、5勝3敗で首位に浮上した。

中日は打線に元気なく連敗

李のタイムリーによる1点のみ

中日は1点を先制された直後の4回裏に李のタイムリーヒットですぐさま同点に追いついたが、その後のチャンスに益田はダブルプレー(3アウト)で勝ち越せず。
5回以降はほとんどチャンスすらつくれず、そのまま試合終了。

8回をソロ本塁打2本にまとめた門倉の力投も空しく、中日は打線が連日の1得点と投手陣を援護できず連敗。この日の敗戦で貯金もなくなり5割になった。

両チーム成績

先攻:ヤクルトスワローズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 飯田 4 1 0 0 .324
2 ホージー 4 1 1 1 .333
3 ムートン 4 2 1 1 .303
4 古田 4 0 0 0 .250
5 池山 4 1 0 0 .200
6 真中 3 0 0 0 .222
7 3 1 0 0 .300
8 土橋 3 0 0 0 .167
9 岡林 2 0 0 0 .000

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
〇 岡林 7 5 0 1 1 1 1.29
H 野中 1 0 0 2 0 0 3.00
S 高津 1 0 0 2 0 0 0.00

後攻:中日ドラゴンズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 関川 4 0 0 0 .229
2 ゴメス 4 0 0 0 .314
3 立浪 4 1 0 0 .250
4 山崎 3 1 0 0 .387
5 4 1 0 1 .375
6 益田 3 1 0 0 .300
7 久慈 3 1 0 0 .233
8 中村 3 0 0 0 .300
9 門倉 2 0 0 0 .000

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
● 門倉 8 5 2 7 2 2 1.59
遠藤 1 1 0 2 0 0 0.00

ダイジェスト動画はこちら

https://youtu.be/x5PkF016Q2k