【プロ野球 試合速報 】1998 4/11 ロッテvs西武 2回戦

千葉マリンスタジアム ロッテ vs 西武 2回戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
西武 0 0 4 1 0 0 0 0 1       6
ロッテ 1 0 0 0 0 2 0 1 0       4

試合結果:西武 6-4 ロッテ (対戦成績:ロッテ 1-1 西武)

勝ち:新谷(西)1勝1敗 負け:薮田(ロ)0勝1敗 S:森(西)1S

本塁打:西武 鈴木1号2ラン(3回)

本塁打:ロッテ 福浦2号ソロ(8回)

西武が連敗を3でストップ

3回に集中打で一挙4得点!

1点を先制された西武が3回にロッテ先発の薮田を攻め、集中打で4得点を奪い逆転に成功。ここまでの6試合で当たりのなかった1-3番が機能し、3人で4打点。鈴木には今季第1号となる本塁打も飛び出した。
西武はその後も4回に加点をすると、1点差に詰め寄られた9回にも伊東が犠飛で得点を挙げ、貴重な追加点を奪う展開に。

9回は守護神森が登板し逃げ切り。西武は3勝目を挙げ、ロッテと同率になった。

デニー-森が初登板でともに初H、初Sを記録

西武は昨年の「勝利の方程式」を担ったデニー、森がともに初登板。デニーは7回から2イニングを1失点で今季初のホールドを記録すると、森は9回を無失点に抑え今季初セーブをマーク。
ゲーム終盤を守る2人の活躍で、接戦をものにした。

ロッテは序盤に薮田が崩れ敗戦

2番手成本が好投、打線も粘りをみせる

ロッテは先発の薮田が4回5失点で苦しい展開になるが、5回から登板した2番手の成本が5回を1失点に抑える好投をみせる。
打線も6回、8回に追加点を奪い、一時は1点差に詰め寄ったが反撃もここまで。9回は西武守護神森の前に3者凡退で3アウト。

この日の敗戦で、3勝4敗となり、西武と同率で最下位に転落した。

両チーム成績

先攻:西武ライオンズ

後攻:千葉ロッテマリーンズ

順位表(パシフィックリーグ )

ダイジェスト動画はこちら