【プロ野球 試合速報 】1998 4/11 横浜vs巨人 2回戦

横浜スタジアム 横浜 vs 巨人 2回戦

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 得点
巨人 0 0 0 3 0 0 0 0 0       3
横浜 0 0 0 3 0 0 1 0 X       4

試合結果:巨人 3-4 横浜 (対戦成績:横浜 2-0 巨人)

勝ち:川村(横)1勝0敗 負け:槙原(巨)0勝1敗 S:佐々木(横)3S 

本塁打:巨人 松井4号ソロ(4回) 清原4号ソロ(4回)

本塁打:横浜 鈴木3号3ラン(4回) 進藤2号ソロ(7回) 

横浜が4連勝

川村が8回3失点の力投 !9回は佐々木!

横浜先発の川村は4回に2本の本塁打とタイムリーヒットを浴び3点を失うものの、失点はこの回のみ。8回を3失点に抑える好投で横浜に勝利を呼び寄せた。
1点をリードして迎えた9回は守護神佐々木がマウンドへ。佐々木は9回を3人で抑え今シーズン3セーブ目。横浜が巨人に連勝し、これで前節ヤクルト戦からの連勝を「4」に伸ばした。

進藤が7回に決勝点となる第2号ソロ

7番進藤が7回に決勝点となる第2号ソロをレフトスタンドへ。進藤はこれで早くもチーム3度目のMOMに選出。今季5勝のうち、3勝でMVPの活躍となった。

3点を先制された4回には、石井琢-波留の連打で作ったチャンスに3番鈴木が初球をバックスクリーン横に同点の3ランホームラン。少ないチャンスをものにする集中力があるのも、今の横浜の強さの要因だ。

巨人は横浜に連敗

松井-清原にアベックアーチも1点差負け

巨人は4回に松井-清原に本塁打が出るなど、3点を先制する理想的なかたちをつくるも槙原がその裏に同点被弾を浴びリードを失う展開に。
同点のまま迎えた7回、進藤に勝ち越し弾を浴びると、そのまま1点差を追いつけず敗戦。痛い連敗となった。千葉ロッテの先発は近藤。近藤は4回に落合にタイムリーを浴びたものの、9回を1失点の力投をみせ打線の援護を待ったが、打線が応えられず連日の完封負けを喫した。

両チーム成績

先攻:読売ジャイアンツ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 清水 5 1 0 0 .324
2 松井 4 2 1 1 .265
3 広沢 4 1 0 0 .265
4 清原 4 1 1 1 .242
5 川相 4 1 0 0 .323
6 仁志 4 1 0 0 .355
7 元木 4 1 0 0 .241
8 杉山 3 1 0 1 .250
9 槙原 3 0 0 0 .000

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
● 槙原 8 7 2 3 4 4 3.21

後攻:横浜ベイスターズ

打撃成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 打率
1 石井琢 4 1 0 0 .333
2 波留 4 1 0 0 .250
3 鈴木 4 1 1 3 .371
4 駒田 4 2 0 0 .371
5 佐伯 4 0 0 0 .265
6 川端 3 0 0 0 .214
7 進藤 3 2 1 1 .300
8 谷繁 3 0 0 0 .133
9 川村 2 0 0 0 .000

投手成績

名前 回数 被安 被本 奪三 失点 自責 防御率
〇 川村 8 9 2 2 3 3 3.00
S 佐々木 1 0 0 0 0 0 0.00

ダイジェスト動画はこちら

https://youtu.be/p7nsRtrGTOM