【プロ野球 試合速報 】1998 4/12 近鉄vsダイエー 3回戦

大阪ドーム 近鉄 vs ダイエー 3回戦

大阪ドーム 近鉄 vs ダイエー 3回戦

0412Bu-Hスコア

試合結果:ダイエー 3-2 近鉄 (対戦成績:近鉄 0-3 ダイエー)

勝ち:武田(ダ)1勝1敗 負け:高村(近)1勝1敗 S:岡本克(ダ)2S

本塁打:ダイエー 吉永2号ソロ(2回) 吉永3号2ラン(6回)

本塁打:近鉄 クラーク1号ソロ(3回) 

ダイエーが5連勝

吉永が先制弾&逆転弾の2発3打点!

ダイエーが4番吉永の活躍で近鉄戦3連勝、西武戦から始まった連勝を5まで伸ばした。
吉永は2回の第一打席で先制の2号ソロ、1点ビハインドの6回、第3打席では逆転の3号2ランをライトスタンドへ。
2本の本塁打でこの日の全打点(3点)を稼ぐ活躍でダイエーの勝利に貢献。打率も .250まで復調させてきた。

ダイエーはこの日の勝利で5勝目(3敗)。先に試合の終わったオリックスと並び同率首位に躍り出た。

武田が8回を2失点の好投で今季初白星

ダイエー先発の武田が近鉄打線を8回2失点(自責点は1)に抑える好投で今季2度目の登板で初勝利を挙げた。
武田は何度か得点圏に走者を置くケースも見られたが、この日は連打を許さず要所を締め与えた点はクラークの本塁打による1点と、味方の2エラーで招いたピンチに失った1点のみ。

9回は守護神岡本がマウンドへ。岡本が近鉄打線の攻撃を3者凡退に抑え、武田に初勝利をプレゼントした。
ダイエーは開幕3連敗から、連勝を5に伸ばし気が付けば首位に。次戦は福岡に戻り日本ハムとの2連戦が予定されている。

近鉄は一時は勝ち越すも本拠地で3連敗

高村の力投も打線が武田を打ち崩せず

近鉄が本拠地、大阪ドームでまさかの3連敗を喫した。
先発の高村は吉永に2発を浴びるものの、それ以外は危なげない投球を披露。安定した投球で味方打線の援護を待ったが、得点は2点どまりで2度目の登板は今季初黒星となった。

近鉄は3連敗で8試合を終え3勝(5敗)。先に試合の終えた西武と並んで同率の最下位に転落した。

両チーム成績

先攻:福岡ダイエーホークス

0412ダイエー個人成績

後攻:近鉄バファローズ

0412近鉄個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/12終了時点 )

0412パ順位3

ダイジェスト動画はこちら