【プロ野球 試合速報 】1998 4/12 日本ハムvsオリックス 3回戦

 

東京ドーム 日本ハム vs オリックス 3回戦

0412F-Bwスコア

試合結果:オリックス 5 – 3 日本ハム (対戦成績:日本ハム 1-2 オリックス)

勝ち:星野(オ)1勝1敗 負け:岩本(日)0勝2敗 S:鈴木(オ)1S

本塁打:オリックス ドネルス2号ソロ(1回) 

本塁打:日本ハム ブルックス2号ソロ(7回) 田中幸2号2ラン(8回) 

オリックスが延長戦を制す

イチローが10回に決勝タイムリー!

延長10回、オリックスはドネルスがこの日3本目の2塁打でチャンスをつくると、3番イチローがセンター前へ勝ち越しのタイムリーヒット。
2塁走者のドネルスがホームを踏み貴重な4点目を奪うと、なおもヒットとエラーでつくったチャンスに、6番谷がタイムリー。2本のタイムリーヒットで2点を追加したオリックスが5-3で日本ハムを下した。

8試合を終えてオリックスは5勝3敗で単独首位浮上。日本ハムとの3連戦を勝ち越しで終えた。

ドネルスが4安打2打点の大活躍!

オリックス2番のドネルスが4安打の大暴れ。初回に先制となる2号ソロアーチを放つと、その後はタイムリーを含む3本の2塁打を放ち、打点を挙げるとともにチャンスメイクでも貢献。
延長10回にはイチローの勝ち越し打を生むきっかけとなる2塁打を放つなど、この日は手がつけられない活躍だった。

ドネルスはこの日の4安打が今季初の猛打賞となり、打率は一気に前日の.258から.333まで上昇した。

日本ハムは終盤に追いつくも惜敗

3点差を追いつくも、9回あと1本が出ず

日本ハムが終盤の7,8回に2本の本塁打で3点差を追いつく粘り強さをみせたが、延長10回に力尽きた。
この日は不調のブルックス、田中が大仕事。6番ブルックスは嫌な流れで来ていた7回に1点を返すソロアーチを、5番田中は8回に起死回生の同点弾を叩き込む活躍。
勢いづいた日本ハムは9回、1死2塁というサヨナラのチャンスを作ったが、ここは9番金子、1番井出が凡退で試合を決めることはできず。

延長に入り、粘り強く投げていた岩本10回に2点を失うとそのまま敗戦。勝てば単独首位浮上のかかる試合を落とし、勝率は5割に戻った。

両チーム成績

先攻:オリックスブルーウェーブ

0412オリックス個人成績

後攻:日本ハムファイターズ

0412日本ハム個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/12終了時点 )

0412パ順位1

ダイジェスト動画はこちら