【プロ野球 試合速報 】1998 4/12 ロッテvs西武 3回戦

千葉マリンスタジアム ロッテ vs 西武 3回戦

0412M-Lスコア

試合結果:西武 2-4 ロッテ (対戦成績:ロッテ 2-1 西武)

勝ち:小宮山(ロ)2勝0敗 負け:潮崎(西)1勝1敗 S:河本(ロ)3S

本塁打:西武 松井稼2号ソロ(1回) 

ロッテが逆転勝ち

中盤の5回、6回で主導権をつかむ!

1点を先制されたロッテは2回に吉鶴のタイムリーで同点に追いつくと、勝ち越しはならないものの試合の流れをつかむ。
すると同点の5回に6番初芝のタイムリーで1点を勝ち越しに成功、6回には3番堀に2点タイムリーが飛び出し、5-6回の2イニングで3得点。
点差を3に広げるリードをつくるとともに、西武先発の潮崎をマウンドから降ろした。

ロッテはこの日の勝利で4勝4敗の5割に戻し、最下位を脱出。日本ハムと並び同率3位に浮上した。

小宮山が7回2失点で今シーズン2勝目

ロッテ先発の小宮山は初回、先頭打者の松井稼にいきなりの本塁打を浴びるが、その後は連打を許さず安定したピッチング。
長打を打たれるシーンはあっても、後続を抑え西武に追加点を与えない投球を披露。多少疲れが見え始めた7回に1点を失い、この回でマウンドを降りるがその後は吉田-河本とつないで今季2勝目をマーク。

2試合で2勝、防御率は1.93。ロッテの先発ローテーションを2勝の黒木とともに引っ張っている。

西武は接戦を落とし単独最下位

打線が沈黙、先発潮崎も中盤で失点を重ね黒星

昨日の勝ちをつなげたい西武は初回に松井稼が先頭打者アーチ。いい流れでスタートをしたかに思えたが、その後はロッテ先発小宮山から得点を取ることができず嫌な展開に。
西武先発の潮崎は毎回走者を出す苦しい投球の中、なんとか4回を1点に抑えていたが、5回、6回にそれぞれ失点を許し降板、7回に1点を返すものの反撃はここまで。9回はロッテ河本に抑えられ黒星を喫した。

西武はこの日の敗戦で、前回のダイエー戦に続き、2カード連続の負け越しで8試合を終え3勝5敗。単独最下位に転落した。

両チーム成績

先攻:西武ライオンズ

0412西武個人成績

後攻:千葉ロッテマリーンズ

0412ロッテ個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/12終了時点 )

0412パ順位2

ダイジェスト動画はこちら