【プロ野球 試合速報 】1998 4/12 阪神vs広島 3回戦

甲子園球場 阪神 vs 広島 3回戦

0412阪神-広島スコア

試合結果:広島 6-2 阪神 (対戦成績:阪神 1-2 広島)

勝ち:横山(広)1勝1敗 負け:中込(阪)0勝2敗

本塁打:広島 江藤3号2ラン(1回) 江藤4号ソロ(3回) 前田2号ソロ(8回)

本塁打:阪神 ハンセン2号2ラン(3回) 

広島が阪神戦勝ち越し

江藤が2打席連続ホームラン!

広島の4番江藤が2打席連続のホームランを放つ活躍で広島の勝利に貢献。
4番江藤は初回に2死からヒットで出塁した金本を1塁に置いて先制の3号2ランホームランを放つと、3-0とリードした3回の第2打席では中込から4号ソロアーチ。

9試合終了時点で、打率.324、本塁打4、打点12。開幕から好調を維持し続けている。

序盤で中込を攻略5得点!

広島打線が8試合ぶりの2桁安打で6得点を奪い快勝。
広島は4番江藤の本塁打で勢いに乗ると、2回には2死から1番緒方、3回には2死から7番町田にタイムリーヒットが飛び出し、ヒットでつないでも効果的に追加点。
序盤の3回でスコアを5-0とし阪神先発の中込をノックアウトした。

勝った広島はこれで4勝5敗。なんと4チームが同率の勝率になり、広島は阪神、巨人、中日と並び3位に浮上した。

阪神は広島に1勝2敗

中込が試合をつくれず2回途中で降板

今季初の本拠地、甲子園での3連戦で勝ち越しを狙う阪神は中込を先発マウンドに送るが、これが誤算。
中込は江藤に2本の本塁打を許す他、広島打線につかまり、2回1/3で被安打8、5失点の内容。序盤に早々と先発がマウンドを降りた阪神は劣勢の流れを変えることができず敗戦。

今季初の本拠地3連戦を負け越し、トータルでも黒星が1つ先行するかたちとなった。(4勝5敗)

両チーム成績

先攻:広島東洋カープ

0412広島個人成績

後攻:阪神タイガース

0412阪神個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/12終了時点 )

0412セ順位3

ダイジェスト動画はこちら