【プロ野球 試合速報 】1998 4/12 横浜vs巨人 3回戦

横浜スタジアム 横浜 vs 巨人 3回戦

試合結果:巨人 3-2 横浜 (対戦成績:横浜 2-1 巨人)

勝ち:趙(巨)1勝2敗 負け:野村(横)0勝2敗 S:野村(巨)2S

本塁打:巨人 清原5号ソロ(4回) 広沢1号ソロ(6回) 

巨人が9回に勝ち越して勝利

仁志が9回決勝タイムリー!

巨人は同点の9回、2死1,2塁のチャンスに6番の仁志が野村の投じた変化球をセンター前へタイムリーヒット。これが決勝点となり、巨人が同一カード3連敗を阻止した。
勝った巨人はこれで4勝目(5敗)。暫定5位に浮上した。

清原早くも5号、広沢貴重な同点1号

4番清原が2点ビハインドの4回にレフトスタンドへ豪快な5号ソロ。清原は9試合目で早くも5号。ホームラン王争いをリードしている。
この日は3番の広沢にも一発。広沢は6回にレフトスタンドポール際へ今シーズンの第1号本塁打。試合を振り出しに戻す貴重な一打を放った。

試合は先発入来が初回以降立ち直り、7回を2失点。広沢の同点弾の後は入来-趙と繋いで、勝ち越した9回は守護神候補の野村がマウンドへ。
野村は横浜の攻撃を3人で打ち取り、みごと今季2セーブ目をマークした。

横浜は本拠地3連勝を逃す

野村が9回を3失点、完投も実らず2敗目

横浜は先発野村が9回を3失点と力投をみせたが、打線が初回以降、追加点を挙げられず惜しい敗戦。同一カード3連勝を逃すとともに暫定2位へ後退した。

横浜は初回に1番石井琢から3番鈴木の3人で2点を奪うスピードスタートを切ったが、結局得点はこの2点のみ。8回裏には勝ち越しのビックチャンスがあったが、あと1本が出なかった。

両チーム成績

先攻:読売ジャイアンツ

後攻:横浜ベイスターズ

0412横浜個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/12終了時点 )

ダイジェスト動画はこちら