【プロ野球 試合速報 】1998 4/14 オリックスvsロッテ 1回戦

グリーンスタジアム神戸 オリックス vs ロッテ 1回戦

0414Bw-Mスコア

試合結果:ロッテ 5-3 オリックス (対戦成績:オリックス 0-1 ロッテ)

勝ち:武藤(ロ)1勝1敗 負け:フレーザー(オ)0勝2敗 S:河本(ロ)4S

本塁打:ロッテ 初芝2号ソロ(4回) 

本塁打:オリックス 高橋1号2ラン(6回) 

ロッテが逆転勝ち

小坂が3回に逆転タイムリー!

ロッテが8安打で5得点。効率のよい攻撃をみせたロッテがオリックスとの3連戦に先勝しました。
ロッテは1点を追う3回に、2,3塁のチャンスをつくると1番小坂がタイムリーヒットで2点を奪い逆転すると、4回には初芝が2号ソロ、6回には福浦が2点タイムリーを放ち5得点。
少ないチャンスを効果的に得点へ結びつけ、オリックスよりも少ない安打数でも試合を優位につくりました。

ロッテはこの日の勝利で5勝(4敗)とし、貯金「1」。この日の敗戦で同じく5勝4敗となったオリックスと並び2位に浮上した。

NYK(成本-吉田-河本)が盤石リレー

ロッテは先発武藤の後を受けた成本(7回)-吉田(8回)-河本(9回)がそれぞれ無失点に抑える好投をみせ、2点のリードを守り抜き勝利。
9試合目にして、今季の「勝利の方程式」が見えてきたか。

先発武藤は6回を3失点にまとめクオリティングスタート。ロッテが守り抜く野球でオリックスに勝利した。

オリックスはフレーザーが不調で敗戦

中盤に高橋智の本塁打で点差を縮めるも届かず

オリックスは初回に藤井のタイムリーヒットで1点を先制するも、先発フレーザーが3回、4回、6回に失点をし計5失点。
4点差とリードを広げられた6回裏には5番高橋智の今季第1号が飛び出し、点差を2点にまで詰め寄ったが、7回以降はロッテのリリーフ陣の前に打線が低迷。

調子のよかったイチローもこの日は無安打に終わり、オリックスは本拠地での初戦を落とした。
オリックス先発のフレーザーは2試合の登板で2敗、防御率6.75。2試合続けて課題の残る投球となった。

両チーム成績

先攻:千葉ロッテマリーンズ

0414ロッテ個人成績

後攻:オリックスブルーウェーブ

0414オリックス個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/14終了時点 )

0414パ順位2

ダイジェスト動画はこちら