【プロ野球 試合速報 】1998 4/14 巨人vs中日 1回戦

東京ドーム 巨人 vs 中日 1回戦

0414g-dスコア

試合結果:中日 2-4 巨人 (対戦成績:巨人 1-0 中日)

勝ち:斎藤(巨)2勝0敗 負け:今中(中)1勝1敗 S:野村(巨)3S

本塁打:巨人 清原6号2ラン(3回) 松井5号ソロ(7回) 

巨人が接戦を勝利

清原が3回に逆転弾!松井も7回に5号ソロ!

巨人は2点を追いかける3回に中日先発の今中を攻め、2番松井のタイムリーで1点を返すと、2死から清原が1塁に松井を置いて逆転の6号2ランをレフトスタンドへ。
巨人が3-2と逆転に成功すると、7回には松井が今中からライトへ5号ソロを放ち、点差を2点へ広げるホームラン。この日の全打点を2人で挙げる活躍で巨人が接戦を制した。

松井、清原のMK砲アベックアーチは今季早くも3度目。しかしながら過去の2試合は負けており、この日のアベックアーチが初めての勝利となった。
巨人は10試合で5勝5敗、勝率は5割に戻り単独3位に躍り出た。

先発斎藤が7回を2失点、救援陣も盤石リレー

巨人先発の斎藤は初回に2死から4連打を浴び、2点を許す苦しい立ち上がりをみせるも、2回からは投球の組み立てを変え中日打線を翻弄。
2回以降もヒットは許す展開も失点は与えず、結局7回を2失点(被安打9、2奪三振)の内容で救援陣にバトンタッチ。

8回は趙、9回は野村貴が、それぞれ2奪三振ずつを奪う好投で巨人が2点のリードを守り切り、接戦を勝利した。

中日は5連敗

初回に2点を先制するも、この日も打線は低調

中日は初回に2死からの4連打で幸先よく2点を先行。4連敗中の嫌な流れからの脱出を期待させたが、2回以降は巨人斎藤の前に打線が低調に逆戻り。
先発今中が3回に巨人打線につかまり、清原の逆転弾などで3失点。リードを許すとそのまま点差を縮めることができずに敗戦し、これで4/9の阪神戦から続く連敗はついに「5」。

10試合を終え、チームは4勝6敗で2つの負けが先行するかたちに。現時点で単独最下位になった。

両チーム成績

先攻:中日ドラゴンズ

0414中日個人成績

後攻:読売ジャイアンツ

0414巨人個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/14終了時点 )

0414セ順位1

ダイジェスト動画はこちら