【プロ野球 試合速報 】1998 4/14 ダイエーvs日本ハム 1回戦

福岡ドーム ダイエー vs 日本ハム 1回戦

0414h-fスコア

試合結果:日本ハム 7-3 ダイエー (対戦成績:ダイエー 0-1 日本ハム)

勝ち:清水(日)2勝0敗 負け:吉武(ダ)1勝1敗

本塁打:日本ハム ウィルソン2号3ラン(7回)

本塁打:ダイエー ロペス4号ソロ(3回) 

日本ハムが7点を奪い快勝

ウィルソンが3安打&3ラン含む4打点!

日本ハム2番のウィルソンが3安打&4打点の活躍で日本ハムの勝利に貢献した。
3回の第2打席では、井出を3塁に置いてライトへタイムリーヒット、7回の第4打席には1死1,2塁の場面で点差を6に広げるダメ押しの3ランホームランをライトスタンド上段へ。

ウィルソンは5打数の3安打(今季初の猛打賞)で4打点。助っ人の活躍で日本ハムが勝利をつかんだ。

新人清水が2戦2完投で2勝目!

この日のマウンドは昨秋のドラフトで1位入団し、前回のプロ初登板でみごとな完封勝利を演じた新人の清水。
清水は3回にダイエー2番ロペスに4号ソロ本塁打を打たれ、プロ初失点を喫するも、その後は立ち直り7回までを1失点。
8回にエラーも絡み2点を失うも、9回もマウンドへ上がり、6番城島からの攻撃を3者凡退で打ち取り、2戦続けての完投勝利で2勝目。
新人王レースの早くも筆頭候補として、評価にふさわしい投球をみせた。

日本ハムはこの日の勝利で9試合を終え5勝4敗。4チームが並ぶ混戦の中、同率首位に浮上した。

ダイエーは6試合ぶりの黒星で連勝ストップ

吉武が7回途中7失点、連勝は5で止まる

ダイエーは先発の吉武が誤算。3回に2点を失うと続く4回にも日本ハム7番上田に2点タイムリーを浴び2失点。
5,6回は無失点に抑え、復調の兆しが見えたが7回には1死からランナーを2人だし、ウィルソンに試合を決定づける3ランを被弾。
6回途中7失点でマウンドを降り、今季初黒星。チームの連勝も5でストップした。

ダイエーは第4戦から続けていた連勝が5で止まり、9試合を終え5勝4敗に。
この結果、9試合を終えオリックス、日本ハム、ダイエー、ロッテが5勝4敗で並び同率首位に。
開幕から混戦模様となっている。

両チーム成績

先攻:日本ハムファイターズ

0414日本ハム個人成績

後攻:福岡ダイエーホークス

0414ダイエー個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/14終了時点 )

0414パ順位3

ダイジェスト動画はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です