【プロ野球 試合速報 】1998 4/14 阪神vsヤクルト 1回戦

甲子園球場 阪神 vs ヤクルト 1回戦

0414t-ysスコア

試合結果:ヤクルト 6-10 阪神 (対戦成績:阪神 1-0 ヤクルト)

勝ち:山崎(阪)1勝1敗 負け:伊東(ヤ)0勝1敗 

本塁打:ヤクルト ホージー4号ソロ(5回) ムートン2号ソロ(5回) ムートン3号ソロ(8回)

本塁打:阪神 桧山1号2ラン(7回) 大豊2号3ラン(7回) 

阪神が7回に大逆転劇で初戦を勝利

7回の裏打者一巡の猛攻で一挙7得点!

5回までに5点をリードされる苦しい展開だった阪神は6回に2点を返し、3点差で迎えた7回に打線が大爆発!
先頭の八木がエラーで出塁すると8番山田のところで代打は桧山。桧山はヤクルト2番手の伊東からライトスタンドへ今季第1号の2ラン。
阪神は2点を追加し、1点差と迫るとその後、代打平塚と和田に連打がでてノーアウト1,2塁となったところで伊東をノックアウト。
3番手で登板した加藤も攻めたて、ウィルソンが四球を選びノーアウト満塁の大チャンスを掴むと3番ハンセンがレフトへの犠飛でついに同点。

1死後、6回に2点タイムリーを放った5番新庄にこの日、2本目となる勝ち越しのタイムリーヒットが出ると、とどめは6番大豊。
大豊は加藤のストレートをジャストミート。放たれた打球はライトスタンドへ一直線。大豊の3ランホームランで阪神がさらに3点を追加し、この回だけで7得点。試合を決めた。

新庄がスランプ脱出? 2安打で3打点!

阪神の5番新庄はノーヒットが続く大スランプ。この日は先発を外されることも検討されたが守備での貢献度も考慮され、同じく5番センターで先発出場。
最初の2打席は凡退が続いたが、6回に反撃のきっかけとなる2点タイムリー、7回に勝ち越しとなるタイムリーを放ち、2安打で3打点。長らくのスランプで .179まで下がった打率は、久々のヒット、久々のマルチ安打で .220まで上昇した。

阪神はこの日の勝利で5勝5敗の5割に復帰。最大で5点差あった試合に逆転勝ちした流れが明日の試合でどうつながるか、注目だ。

ヤクルトは投手交代が裏目で逆転負け

悪夢の7回7失点、2番手以降の投手が大炎上

5回までに5点のリードを奪ったヤクルトがまさかの逆転負け。3点リードの7回に2番手の伊東が1死も取れず、2失点で降板するとその後を救援した3番手加藤も阪神打線の勢いを止められず新庄には逆転のタイムリーヒット、大豊には3ランを浴びこの回だけで計7失点。

3連勝とよい流れで独走態勢に入るかとおもわれた矢先の、よもやの大逆転負けを喫した。

両チーム成績

先攻:ヤクルトスワローズ

0414ヤクルト個人成績

後攻:阪神タイガース

0414阪神個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/14終了時点 )

0414セ順位2

ダイジェスト動画はこちら