【プロ野球 試合速報 】1998 4/15 広島vs横浜 2回戦

0415hlc-yb

広島市民球場 広島 vs 横浜 2回戦

0415c-ybスコア

試合結果:横浜 2-5 広島 (対戦成績:広島 2-0 横浜)

勝ち:大野(広)2勝0敗 負け:三浦(横)0勝2敗 S:佐々岡(広)4S

本塁打:横浜 鈴木5号ソロ(7回) 

広島が横浜に連勝

先発大野が今季2勝目!

広島先発の大野が今季2度目の先発で早くも2勝目。この日は7回を投げて被安打5、2失点。
疲れの見えた7回に3本の長短打を浴びて2点を失うが、6回までは被安打2、無失点のほぼパーフェクトピッチング。
7回の攻撃で代打を送られ、降板すると8回は田中、9回は佐々岡が締めて広島が勝利。2勝目を手にした。

勝った広島は連勝で6勝(5敗)となり、貯金「1」。巨人と同率で2位に浮上した。

中盤以降、小刻みに追加点!投手陣を援護

広島は6回から8回にかけて3イニング連続得点。チャンスの場面で的確にタイムリーヒットが飛び出す理想的な展開で小刻みに追加点を加え、追いかける横浜を突き放した。
先発大野が2点を失い、1点差に詰め寄られた直後の7回裏には江藤が再び点差を2点に広げるタイムリーヒット、リードを2点差とした8回にはチャンスで代打の浅井がタイムリーを放つなど、6回からの3イニングで4得点。

広島の救援陣への負担を下げ、投打にバランスのよい試合運びでみごと連勝を勝ち取った。

横浜は終盤に突き放され連敗

鈴木の2戦連発も実らず、借金生活へ


横浜は今季3度目となる先発三浦に何とか勝ち星をつけたいところだったが、広島先発大野の前に打線が沈黙。
7回にようやく大野を捉え、3番鈴木が2試合連続となる5号、8番谷繁にタイムリーヒットが飛び出し、1点差まで詰め寄るが、三浦の後を受けた島田が2回で2失点。

点差を3点に広げられた9回は、広島抑えの佐々岡の前に3者凡退でゲームセット。
横浜は前節の巨人戦からこれで3連敗。チーム成績は5勝6敗となり、4/8以来の借金生活となった。

両チーム成績

先攻:横浜ベイスターズ

0415横浜個人成績

後攻:広島東洋カープ

0415広島個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/15終了時点 )

0415セ順位3

ダイジェスト動画はこちら