【プロ野球 試合速報 】1998 4/15 西武vs近鉄 2回戦

西武球場 西武 vs 近鉄 2回戦

0415l-buスコア

試合結果:近鉄 0-2 西武 (対戦成績:西武 1-1 近鉄)

勝ち:石井(西)1勝0敗 負け:香田(近)0勝2敗

西武の連敗は2でストップ

先発石井が完封勝利!

西武先発の石井は今季初の先発マウンド。石井は12安打を浴びる内容でスコアリングポジションに再三、走者を置く苦しいピッチングになったが、
大友の捕殺など、味方の守りにも助けられながら、要所はなんとか抑えるねばりのピッチング。

8回裏に味方打線が1点を追加し、2点差となった9回のマウンドも、2死2,3塁と一打出れば同点という昨日の再現のような場面を迎えたが、1番武藤をレフトフライに打ち取りゲームセット。
今季初の先発マウンドを9回投げ切り、完封勝利を勝ち取った。

西武はこれで10試合で4勝6敗。この日倒した近鉄と並び、順位を1つ上げ、5位に浮上した。

少ないチャンスをモノにし、2得点

西武打線が少ないチャンスをモノにし、近鉄先発の香田から2得点。粘りのピッチングをみせていた先発石井を助け、連敗ストップに貢献した。

初回は先頭の松井のヒットからつくったチャンスに3番鈴木が中越えのタイムリー2ベース、8回には高木大の2塁打でつくったチャンスに4番マルティネスが左中間を破るタイムリー2ベースで石井を援護。
7本とヒットは少なかったが、チャンスの際に効率よくタイムリーが出た西武に白星が転がり込んだ。

近鉄は昨日の勝ちを繋げられず

先発香田が2試合続けての援護点「0」で2敗目

近鉄先発の香田は今季2度目となったこの日の先発でも圧巻の投球。初回に鈴木にタイムリーを浴びたものの、以後は安定したピッチングで西武打線を翻弄。
8回にマルティネスにタイムリーを浴び、この2失点目を奪われるものの、8回を被安打7、無四球で2失点にみごとに試合をつくったが、この日も打線の援護点は0。

香田は前回登板がオリックス佐藤義則との投げ合いで0-1で負け投手。(オリックス佐藤は完封勝利)
この日も0-2で敗れると、相手先発の石井は完封勝利。2戦続けて相手投手が完封勝利を挙げる不運も重なり連敗。
16 2/3を投げ、3失点 防御率は1.63と堂々たる成績を残しているが、勝ち運から見放されている。

両チーム成績

先攻:近鉄バファローズ

0415近鉄個人成績

後攻:西武ライオンズ

0415西武個人成績

順位表(パリーグ 1998/4/15終了時点 )

0415パ順位1

ダイジェスト動画はこちら