【プロ野球 試合速報 】1998 4/15 阪神vsヤクルト 2回戦

0415headline

甲子園球場 阪神 vs ヤクルト 2回戦

0415t-ysスコア

試合結果:ヤクルト 3-1 阪神 (対戦成績:阪神 1-1 ヤクルト)

勝ち:石井一(ヤ)1勝2敗 負け:舩木(阪)0勝1敗

本塁打:ヤクルト ホージー5号ソロ(4回) 辻1号2ラン(7回) 

ヤクルトが接戦を制して勝利

辻が7回に決勝点となる1号2ラン!

ヤクルトが接戦を制し、阪神に勝利。昨日の嫌な負けを引きずらず、守り抜く野球で本来の強さを見せた。
この日の決勝打は7回、7番の辻。辻は同点で迎えた7回、1死3塁のチャンスでレフトスタンドポール際へ第1号の2ランホームラン。
値千金の一発で、1失点でまとめていた先発石井一に貴重な勝ち越し点をプレゼント。

この2点を守りきり、ヤクルトが勝利。再び貯金を3とし、2位とのゲーム差を0.5広げた。

石井一が完投で今季初勝利

ヤクルト先発の石井一が今季3度目の登板で嬉しい初勝利。
この日もイニング数を被安打数が上回るなど、走者を置く苦しいピッチングは続いたが、今日の石井一はなんとか粘って9回を完投。

終わってみれば、9回を新庄のタイムリーによる1失点に抑え今季初勝利。チーム11試合目でようやくエースに1勝が訪れた。

阪神は連勝を逃し再び借金1

2番手舩木が決勝弾を浴び敗戦

阪神は今季初先発の伊藤敦が吉田監督の起用に応え好投。6回をホージーの本塁打による1点に抑え、クオリティングスタート。
昨日の試合で1イニングを投げている投手の思いがけない起用に最高のかたちで結果を出したが、2番手舩木が7回辻にまさかの被弾を浴びて2失点。

攻撃陣もこの日は、ヤクルト先発石井の前にランナーは出すものの、もう1本が出ず1得点。
同点に追いついた直後に大豊が放ったセンター前ヒットで、2塁ランナーのハンセンが、ヤクルト飯田の好返球でアウトになったシーンが痛かった。
阪神はこの敗戦で再び借金1。明日は5割復帰をかけ試合に臨む。

両チーム成績

先攻:ヤクルトスワローズ

0415ヤクルト個人成績

後攻:阪神タイガース

0415阪神個人成績

順位表(セリーグ 1998/4/15終了時点 )

0415セ順位2

ダイジェスト動画はこちら